新聞記事になりました!と、その続きのお話

先日、京都新聞さんに取材をしてもらったのですが、
それがこの前の6月8日(金)の朝刊の記事となりました!

新聞という限られたスペースの中にこんなにも大きくカラー写真で紹介していただけたのはとっても嬉しい。

15歳でイタリアに来たばかりの時は、現地校に入ったはいいもののイタリア語意味不明で、授業にもクラスメートの話にもついていけず毎日家に帰ってきては泣いていて。早く日本帰りたいな〜と思いながら過ごしていたのですが…
そういう経験もぜーんぶひっくるめて今の仕事や私自身をつくっているな、と新聞記事を眺めながらしみじみと思いましたよ。
そして「日本帰らせて!!」とねだる私に「これを乗り越えればぜったい成長できるから頑張れ!」といつもそばで励ましてくれた両親に感謝ですね…

そして、この記事が出たあとの続きの話がありまして。

次の日の土曜日に記者さんから電話をもらいました。
「記事を読んだ読者の方が大河内さんに自分の着物を譲りたいそうなんです。」と!

「し、新聞すごい…!!!」となりました。(笑)

SNSやWeb媒体では到底リーチできないであろう方々のところにも届いて、こうやって反応を頂けたのは本当に嬉しかったです。

そして、記者さんが繋いでくださって早速月曜日に会いに行って来ました。
教えてもらった住所は番号がなくて「〇〇通り上ルで東に100m」とだけ言われていて(ザ・京都!)辿り着けるか不安しかなかったのですが、東本願寺の真ん前の老舗仏具屋さんで、、、すぐわかりました。(笑)

お店に入ると電話をくれたおばあちゃんが待っていてくれました。
そして「作ったけど一度も着ていないの」という戦後間も無くに作ったという羽織を数着譲ってくださいました。「着物は前に処分してしまって羽織も、、、と思っていたところで新聞記事を見つけてすぐに連絡したのよ。」と言ってくださいました。ありがたすぎるお話。

おばあちゃんはとっても優しくて、私が生地を再利用することをとても喜んでくれました。
もらった羽織は“renacnatta”のスカートとしてしっかり生まれ変わらせます!!
その際はおばあちゃんの名前か関連するワードをスカートのネーミングにしようと思っています。(その際は許可をとらなくてはいけませんが)

新聞が繋いでくれたご縁に感謝です!
今日の出会いが本当に嬉しくて、やっていてよかったな、と実感したし、おばあちゃんとの時間は間違いなく私のエナジーとなりました!

次回の販売分は絶賛準備中なので出せないのですが、近いうちに形にします!

お楽しみに◎

広告

日本で初めての展示会終了!

昨日、無事に“renacnatta”の4日間の展示販売会が終了しました!

京都に知り合いは本当に少ないのでどうなることやら、、、という感じでしたがSNSでの拡散や今回の展示会について紹介してくださったweb記事のおかげで多くの人が見に来てくれました!ネット偉大。ネットなかったら何も成立しないなほんと。

>>>これは楽しみ!ヴィンテージ着物とデッドストックシルクを融合したブランド「renacnatta」が日本で初展示販売

京都のわずかな友達・知り合いはほとんどの人が来てくれました…うれしすぎる。(涙)

この展示会をきっかけに新しい人に”renacnatta”を知ってもらったことはもちろん、気づきや今後の課題も見つかり色々な収穫がありました。本当にやってよかったなと。

ミラノでお世話になったクライアント様から胡蝶蘭のプレゼントもありました。感謝…!!


実店舗ならではの、その場で手にとってもらって試着してもらって買ってもらうというのはECとは違う嬉しさがありますね。
これまでECでしか展開していなかったのでそんな当たり前のことも新鮮で、充実した楽しい4日間でした。

ステキな町家のギャラリーを貸してくださったギャラリーみやがわさんには本当に感謝です!

オーナーの宮川さん(奥様)はもともとクラウドファンディングの支援者さんでした。そんなご縁もあったので初めて展示会するときはここを使いたい!とずっと思っていたのです。
その念願がついに叶ったという感じでした…!!

来てくださったみなさまも本当にありがとうございました!!

今後も不定期にはなりますが展示販売会は開催していきます!京都ではもちろん、他の街でもやっていきたいところです。どこか良さげな場所ありましたら教えてください〜!

 

最後に…

問い合わせを多くいただいたのですが、ポップアップで販売していたピアスとボウタイは明日オンラインショップにアップする予定です!チェックよろしくお願いいたします。

私とブランドについて、改めて。[最後にお知らせもあり]

今日は改めて私とブランド”renacnatta”について書いていきたいと思います。
過去の記事に書いた内容と重複してしまうところもありますが、最近知ってくれた方も多くいらっしゃるので…!!

多くの方に読んでいただけると嬉しいです。

私は”renacnatta”の代表をしています大河内愛加です。
1991年生まれの27歳で横浜出身です。

ミラノと京都を拠点にデザイナー・ディレクターとして活動しています。
メインのお仕事としてはリバーシブルスカート専門ブランド”renacnatta”(レナクナッタ)を経営しています。

私はファッションを勉強したこともアパレル業界で働いたこともなく、ブランドを立ち上げたきっかけは「思いつき」です。
そんなアパレル素人のブランドですが立ち上げから2年が経ち、徐々に色々な方に知っていただけるようになりました。

今回は私がファッションブランドを立ち上げるまでに至った経緯ここまでやってこれた理由を自分なりに分析して書いていきたいと思います。
私は自分のブランドを多くの人に知ってもらいたいのでタラタラと綴らせていただきますが、
これから自分で新しいことをしよう、と考えている人に少しでもヒントや一歩を踏み出すキッカケとなれば嬉しいです。

私のなりたい人が私のつくりたいものだった

ブランドを立ち上げた2016年。その年は日本とイタリアの国交樹立150周年私がイタリアに来て10年目という二つの節目がたまたま重なった年でした。
当時フリーランスになったばかりの私はグラフィックデザインやアートディレクション、さらに日本の企業や作家・デザイナーさんのミラノでの販路開拓やイベント開催のキュレーションを主な仕事としていました。(これらは今もやっています)
仕事はどれもやりがいを感じていましたが、案件を受けるだけでなく自分から発信する全くの新しいことも始めたいとも思っていました。

私だからこそ生み出せるものはなんだろう。

そう考えながら自分のそれまでのイタリア生活の10年を振り返りました。

イタリアに来て最初の数年は日本とイタリアの良い部分、悪い部分が色々と見えてきて、たくさんのことを考えさせられ、それぞれの国を好きになったり嫌いになったり、というのをひたすら繰り返していたように思います。
それがしばらくすると両方の文化や国民性を客観的に見られるようになり、「日本のこういうところが素敵だから忘れないでいよう」「イタリアのこういうところは良いから取り入れよう」という意識を自然に持つようになっていました。

そんなことを思い返していると私が生み出したいことは私がなりたい人のような二つの国のいいところを取って落とし込んだモノだと気がつきました。

では具体的に何を作ろうと考えていた時、ふと「小柄だからぴったりと合う服が少ないんだよなあ」という自分の悩みから、着物からインスピレーションを得たスカートを思いつきました。着物特有の「巻く」「たくし上げる」をデザインのヒントにしたらどんな体型な人でもフリーサイズでぴったり着られるスカートになると思ったのです。
そこからの流れはさらに早く、、、
着物の形のスカートにどんなイタリアの要素を取り入れよう

そういえばイタリアでラグジュアリーブランドの余ったデッドストックのシルクを取り扱っているお店があるな

それなら着物もデッドストックの反物を使おう

使われなくなったテキスタイル同士の融合だからブランド名は「レナクナッタ」だ!!

こうして私の頭の中で小爆発のようにポンっとブランドが誕生したのです。

多くの人が母となってくれたクラウドファンディング

いざブランドを作ろうとした時、資金集めは迷いなくクラウドファンディングを選びました。
2ヶ月間のクラウドファンディングでは100人を超える沢山の方に支援していただき目標金額50万円の229%、1,145,800円を調達することができました。
支援してくださった方たちの多くは未だにSNSをフォローして支えてくださったり、リピート購入をしてくださっています。
”renacnatta”はクラウドファンディングで生まれたので支援してくださった方々全員が”renacnatta”の母だと思っています。(笑)
今でもオンライン上ではありますが、お客様と一緒にブランドを育てているという感覚があり、お客様も素直に意見を言ってくださるのでありがたいです。
例えば「タグの位置はここがいいと思う」「フレアが着てみたい」「すぐ売り切れるから予約システムがほしい」など、、、
もちろん全ての要望には答えられませんが、ブランド理念に沿っていて、より良くなると思ったものは反映させています。上記3つの意見は実際に導入済みです。

このように私がブランドを運営することが初めてなため、ファッションデザイナーやパタンナーの方々の手助けはもちろん、お客様の意見も大きなサポートとなっています。

そしてこれからもお客様との距離を大切にしながら一緒にブランドを成長させていければと思っています。

ファッションではなく「身にまとう文化」

私は自分のブランドをファッションと捉えておらず、コンセプチュアルアイテムのように考えています。
”renacnatta”は「服を作りたい」というところから始まったのではなく上にも書いた通り「日本とイタリアの文化を組み合わせた何かを作りたい」と考えた時に、たまたま思いついたものがスカートだったからです。

それまでファッションを仕事にしようと思ったことは一度もありませんでしたし、大学も広告デザインを専攻していたのでファッションを勉強したことはありませんでした。

アパレル産業は厳しいと言われているこの時代にファッションに無知な私がブランドを始めたことを不思議に思う方もいるかもしれませんが、私は「身にまとう文化」を展開しているという意識を持っているのでアパレル業界に足を踏み入れていると感じたことがありません。それがアパレル素人の私がブランドを始められて、いまだに続けられている理由なのかもしれません。

“renacnatta”には季節ごとのコレクションもありません。イタリアで良いシルクを仕入れられた時に新しい柄を発表し、形は常にシンプルなリバーシブルスカート2種類だけです。さらにデッドストックなので量産できないためすぐに売り切れてしまいます。しかし、日の目を見ていないデッドストックを使うことにこだわっているのでどんなに人気の柄でもストックがなくなったら再入荷しません。
そんなわがままなブランドですが、購入してくださる方々はそれをよしと肯定してくれるので本当にありがたいです。(本当に母のように寛容なお客様たち、、)

みなさま今後ともどうぞよろしくお願いいたします…!!

京都での展示販売会のお知らせ

そして最後に一つお知らせをさせてください!
いつもEC限定で展開している”renacnatta”ですが、5/31〜6/3の4日間、京都の四条烏丸で展示販売会を開催します。期間中は代表大河内も在廊していますので関西圏・京都におられる方はぜひ遊びに来て下さい。

それでは長くなってしまいましたが最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

展示販売会概要
“renacnatta” POP UP SHOP IN KYOTO
イベントページ:https://www.facebook.com/events/278911139316090/
開催期間:2018年5月31日(木)〜6月3日(日)
日時:13:00 ~ 19:00 (最終日だけ18:00まで)
場所:ギャラリーみやがわ
〒604-8224 京都府京都市 中京区炭之座町415(四条烏丸より徒歩4分)

 

“renacnatta”
Site: https://www.renacnatta.com/
Facebook: https://www.facebook.com/renacnatta/
Instagram: https://www.instagram.com/renacnatta/
Mail: contact@renacnatta.com

【新作紹介】シンプルを追求した形へのこだわり

明日から“renacnatta”(レナクナッタ)の新作が販売されます。

シンプルを追求した形へのこだわり

ストレートタイプはラインにこだわり、ウエストからヒップまで綺麗に見せてくれます。
フレアタイプは形を一新。シルク側は細かなギャザーが入っており、着物側はタックが入っているので柄だけでなく形も二種類楽しめます。ウエストをしっかりマークしてそこから広がるボリューミーな形にこだわりました。

ミラノのパタンナーさん、そのパートナーの縫製の方、そして大阪でひとつひとつ商品に仕上げてくださっている職人さん。私のイメージを形にしてくださり感謝です。

スカートはどれもリバーシブルですが今日はシルクの面だけをご紹介させて頂きます。明日更新するオンラインショップでは着物地のスタイルも見られます。

色々な巻き方で着てみたのでご覧くださいませ♡(身長150cm)


そうそう、最後の柄はクラウドファンディングで飛ぶように注文が入ったPaintingという柄。シルク業者さんのストックを全て買っていたと思ったら先日倉庫で最後のロールを発見!
買い占めました!(笑)

どのシルクも私がミラノで厳選して仕入れた一級品となっています。

いつものことですが着物地もシルクもデッドストックなので全てのスカートの在庫が少しずつとなっています。すぐに売り切れてしまう商品もありますが何卒ご了承ください。

それでは明日16日の18時にオンラインショップにてお待ちしております!

“renacnatta” Shop

イタリアのフリーマガジンに寄稿しました

在イタリア邦人向けの月刊フリーマガジンCiao! JOURNALにて“renacnatta”と私自身について書かせて頂きました。ミラノとローマ在住の方よかったら手にとって見てください。イタリア語訳もあるのでイタリア人の方にも読んでいただけます。
Web版はこちら:日本とイタリアのデッドストックテキスタイルに新たな価値を。

着物特有の「巻く」「たくし上げる」からヒントを得た“renacnatta”のスカート

おはようございます。

Facebookページ等では告知させていただいておりましたが、長いお休みを経て本日2月22日AM11:00から”renacnatta”の販売を再開いたします。

今回の記事では改めて”renacnatta”のについて書いていきます。

自身の体験と着物からヒントを得たスカート

“renacnatta”のスカート全てに言えることは巻きスカートワンサイズということ。これらの特徴は私自身の体験着物からインスピレーションを得ました。

私は身長150cmと小柄なため、お店で気に入ったスカートを見つけてもいざ着てみると裾が長かったりウエストが大きかったりして断念することがしょっちゅう。。。なので本当に気に入ったスカートは裾を切ったりウェストを詰めたりとお直しをしてもらってジャストサイズで着たりすることも多々あります。
“renacnatta”の構想をぼやーっと考え始めたあたりにそんな自分の悩みも考えていたら浴衣を思い出しました。浴衣や着物は、着付けの時に巻いたりたくし上げたりして調整できるので一つのサイズでも幅広い身長や体型をカバーできます。
せっかく着物の反物を「生地」に使うのだからこの「着方」の要素もスカートに取り入れて、現代に生きる着物のようなスカートを作ろうと思ったのです。
いや、もしかしたら生地のアイディアはあとだったかも?(笑)
それくらい全てがパパパっとパズルがはまるように頭の中で決まっていって気がついたらプロジェクトは始動していたのです…

こうして”renacnatta”のスカートの形ができました。

「巻く」ことでどんな体型の方にもぴったり着ていただくことができ、
「たくし上げる」ことで丈を調整することができます。さらにリバーシブルなのでたくしあげ方を変化させることで一着で様々な着こなしを楽しんで頂けます。

試着の必要なし!どなたにでもぴったりフィット

さて、お気付きの方もいるかもしれませんが”renacnatta”のスカートはプレゼントにも最適なんです♡(笑)
洋服をプレゼントしたいと考えた時、トップスならまだしもスカートはハードルが高いですよね。でも”renacnatta”は上にも書いた通りSサイズからLサイズまでカバーするので大抵の人はぴったり着て頂けるの試着の必要もありません
※正確にはウエストサイズ58~76cmの方なら大丈夫です。

身長163cmのモデルさんが着るとこう。

150cmの私が全く同じスカートを着るとこう。

大切な方へのホワイトデーのプレゼントに

ということで、今日の再販とともにホワイトデークーポンを発行!
大切な方へのホワイトデーのプレゼントにいかがでしょうか。
もちろん自分へのご褒美にも♡

クーポンコード【WD6789】
こちらのクーポンコードをご購入の際にご記入いただいたら1000円OFFとなります。
2月22日から3月14日23:55まで有効ですのでぜひご利用ください。

ちなみに新作販売スタートは3月16日(金曜日)を予定しております。
こちらについての詳細はまた別記事で紹介させて頂きます。

再販は22日の11時から!みなさまのお越しをお待ちしております***

Shop: http://renacnatta.theshop.jp/
Facebook: https://www.facebook.com/renacnatta/
Instagram: https://www.instagram.com/renacnatta/

「ファッション」ではなく身に纏う「文化」

3月からの”renacnatta”(レナクナッタ)再販に向けて色々準備しています。
先日は、いつもお世話になっているミラノ郊外の生地屋さんへ行き、沢山ある生地の中からスカートに使うシルクを厳選して仕入れてきました。

今回も個性豊かな柄や質感のシルクが揃いました。また販売前に生地紹介します!

さらに、3月からはスカートの形を少しチェンジしようと現在ミラノに住んでいる日本人パタンナーさんとミーティングを重ねています。

・着物の着方からインスピレーションを得た巻きスカート
・イタリアと日本の使わ「レナクナッタ」生地の融合

というブランドコンセプトは大事にしたいのでシンプルなスタイルは残したまま、シルエットやディテールをより洗練されたデザインにしようとしています。
それとフレアスカートもデザインが大きく変わります。

前からレナクナッタを知ってくださっている方はご存知かと思いますがこのブランドの1番のアピールポイントはコンセプトです。というのもレナクナッタは「服を作りたい、スカートを作りたい」というところから始めたのではなく「日本とイタリアの素材を使った何かを作りたい、私の構想を落とし込めるアイテムはなんだろう」と考えた時に思いついたのがたまたまスカートだったからです。

それまでファッションを仕事にしようと思ったことは一度もありませんでしたし、大学も広告デザインを専攻していたのでファッションの勉強もしたことはありませんでした。

アパレル産業が厳しいと言われているこの時代にファッションに無知な私がブランドを始めたことを不思議に思う方もいるかもしれませんが、私はスカートを売っているというより「身に纏う文化」を売っているというイメージを持っているのでアパレル業界に足を踏み入れていると一度も思ったことがありません。それがこのアパレルど素人の私がブランドを始められて、続けられている理由なのかもしれません。

そして決して私一人ではブランド立ち上げを実現することは不可能でしたがブランドに込めた私の想いに賛同して、協力してくれる人たちがいるおかげで少しずつではありますが前に進めています。

去年のレナクナッタの活動を振り返るとマイペースにやり過ぎて少しスローなペースになってしまったので今年は加速してステップアップの年にしたいと思います!

という近況と私の想いを書かせていただきました!

今後とも宜しくお願い致します。

“renacnatta” @ミラノのブティック

こんにちは!すっかりご無沙汰してしまいました。

ミラノももうクリスマスムードに包まれています。
寒いのは苦手ですがヨーロッパのクリスマスの雰囲気は大好き。

これはこの前の土曜日のガレリア内の様子。
クリスマスツリーも完成しイルミネーションも点灯されていてとても綺麗でした。

しかしさすが土曜日の夕方、すごい人。。。

そして、このツリーを見る少し前にミラノでレナクナッタのスカートを置かせてもらっている友人Benのブティックに行きミーティングをしてきました。

とっても嬉しいことにイタリア人にも好評で用意していたスカートも続々と売れているとのこと!!

日本で60年代とかにに作られた反物たちもスカートになってミラノでイタリア人に着られることになるとは思ってもいなかったでしょうね。(笑)

年齢はだいぶ上なのですが仲の良い友達でありビジネスパートナーであるBen。エネルギッシュでとっても優しい太陽みたいな彼の周りにはいつも素敵な人が集まっています。

ここは彼のアトリエであり自身のブランドの服と彼セレクトのファッションアイテムを取り扱うセレクトショップ。

コートジボワール出身のBenは自分のルーツであるアフリカンなテキスタイルを使ったコレクションをメインに展開しています。

これはBenのコレクションの中でも人気のスリッポン。

Processed with VSCO with j2 preset

使われなくなったテキスタイルに新たな命を吹き込む。

これこそ私が”renacnatta”でやりたかったこと。周りの色々な人に支えられながらちょっとずつですが前に進めているのは本当に嬉しい限り。ただ、行きたいステージにはまだほど遠いのでこれからも精進していきます!

ミラノにいる間にイタリアのデッドストックテキスタイルを仕入れて、日本で新作を展開しますので待っていてください。

それでは、寒い日はまだまだ続きますがみなさん暖かくしてお過ごしくださいね!インスタでは引き続きミラノの日常もアップしていきます。→@renacnatta

Atlier di Ben Doukourè
Via Salasco 25 Milano